川之江神社紀行  上分神社  TOP
 
(祭神) 奇稲田姫命 素盞鳴尊 大国主命 天照大神 月夜見命 手摩乳 五男神 三女神 

創建年月日、由緒等不明。
初めは牛頭天皇宮と呼んでいた。。明治2年、上分神社と改称した。
現在、常駐の神職はいない。
神仏混交の時代には、金生町五明院の住職が代々別当として牛頭天皇宮を管理していた。
同寺の記録によると、文化十年(1813)神社屋根替を行なった。
宝物は、剣二口、鎧一領、槍二本。例祭は5月15日と10月15日である。
現在の神殿は、御神影奉安殿を移したものである。(川之江市史 社寺編より)

親切な方より写真を提供して頂きました。 画像をクリック 拡大します。