川之江神社紀行  金生八幡神社  TOP
 
(祭神) 奥津彦命 奥津姫命

金生町は川之江八幡神社を氏神としていたが、昭和23年、荒神社の境内に新しく神殿を創建して、川之江八幡神社の御分霊を主神とし、従来の荒神神社の祭神を配神として祀った。
昭和24年10月20日には、拡張した境内に新しく玉垣をめぐらし、木の香も匂う新宮の初の大祭を執行した。
境内にある忠霊塔の見事な大石は、向山古墳の天井石を運んで建てたものである。
平成2年10月吉日、拝殿葺替工事及び神輿庫が改築された。(川之江市史 社寺編より)

親切な方より写真を提供して頂きました。 画像をクリック 拡大します。